テーマ:さらりまんと庶民の生活

2016年07月04日

改憲案で、日本国憲法「前文」はこう変わる。



日本国憲法の一番始めに、「前文」という短い文章があります。

この「前文」には、
私達日本国民が、どんな考えで、何のためにこの憲法を作ったのかが書いてあります。

自民党作成の改憲案では、
この「前文」そのものが、現在の内容と大きく異なっていることが、
改憲案を実際に読んでみて初めてわかりました。

まず、現在の前文のはじめの方にある、
「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないようにする」
という「決意」が、
改憲案にはありません。

国の主権が国民にあるという原理は、現在の前文と同様に改憲案にも明記されていますが、

現在の前文ではこの原理の後に続く
「われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する」
という宣言が、改憲案にはありません。

現在の前文では、
「平和を愛する諸(外国の)国民の公正と信義」を「信頼」することで、 
「われらの安全と生存を保持」する、
という「決意」が書かれています。

改憲案の前文には、
「われらの安全と生存を保持する」に相当する文は、ありません。
改憲案には、日本国民が「守る」べきものは、「国と郷土」である、と書かれています。

現在の前文は、
「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認」し、
「日本国民は、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成する事を誓う」
と宣言して終わります。

改憲案の前文は、
憲法制定の目的を
「良き伝統と我々の国家を末永く子孫に継承するため 」
と定めて終わります。

自民党支持の方も、
他の政党支持の方も、
私のような、支持したい政党が見つからない方も、

改憲案の前文だけは、選挙前に読んでおくことをお勧めします。

読んで、なぜこのように変える必要があるのかを、自分なりに考えてみることをお勧めします。

改憲案は、現在の憲法との比較がしやすいよう、
両方の文章が上下に並べて書かれた親切なフォーマットで、
自民党ホームページ上で公開されています。




gakudan13go at 23:41コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール
月別に読む