十三号地楽団公式ホームページ。

2017年06月02日

2017/6/1 パール兄弟 at 代官山 晴れたら空に豆まいて。

今から30年近く前、
当時二十代半ばの私が大好きだったバンド、
パール兄弟。

数年前に再集結した彼らの久々のライブ、
仕事をぶっちして参戦するしかありません。

image


このライブ、
正確には、手塚眞監督の映画、
「星くず兄弟の新たな伝説」
の関連イベント。

二部構成の前半は、手塚眞監督とパール兄弟のメンバー、それに星くず兄弟役の久保田さんのトークショー。
image


その途中で上映された、
手塚監督が手掛けたパール兄弟の秘蔵PV集に、まずは大爆笑。
「ナミダの太陽」、最高でした。

当時のビデオ作品、今でも時々見たくなって探すんですが、どこにも売ってないんすよー。


そして後半は、待望のパール兄弟のライブ。
セットリストはこちら。
(中盤の曲順は合ってないかも)


ハイソサイエティ(ビブラトーンズcover)
世界はゴー・ネクスト
ふぇすてぃバル(再集結後の作品)
終電ガール
アニマル銀行
火花が泣いている(新曲)
記憶のドアー
How to X
○。○○○娘
ZOO・ZOO・ZOO
ハイソサイエティ(with 星くず兄弟)
快楽の季節(with 星くず兄弟)
(バカボン鈴木さん 還暦祝)
バカヤロウは愛の言葉

image


楽器隊はいずれも、今も大物アーティスト達のバックを務めるバリバリ現役の達人たち。

同窓会的なゆるさの全くない、
ビシッと引き締まったタイトな演奏で、
特にリズム隊が複雑に絡む「How to X」は、この日一番のカッコよさでした。

更に「○。○○○娘」では、興奮した外人客がステージ上で踊り狂う盛り上がりっぷり。

私の隣りでは、
若い頃からの彼らの仲間内らしい、お洒落なご夫妻が、同年代のお友達との昔話に興じていました。
 

トンガリキッズのまんま、
見た目だけは年をとっていく人達。

カッコいいなあ。






gakudan13go at 18:15コメント(0)トラックバック(0) 
音楽について 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール
月別に読む